採用情報

安全は、企業存続の生命線であることから乗務員教育には、時間を惜しまず創意工夫・継続していく。
問題点を指摘したり誤りを正す際には、何故そうしたほうが良いのかを理解して貰えるように、具体的かつ丁寧に説明するよう努める。
間違っても「そんなことも分からないのか」という態度をとらないように気をつける。
北風を吹き付けるほど、人はコートをしっかり押さえつけ、決して脱ごうとはしない。
時間をかけても、相手に対する敬意を忘れず、自発的な行動を促すよう指導するのが、佐竹運送㈱の一貫した安全教育である。

デジタルタコグラフの有効活用

スピード・急発進・急ブレーキ・アイドリング等を日々タイムリー(点呼時)
にチェック指導を行っています。

運転者適正検査の実施

運転適正診断を自社で実施し結果に基づき指導を行っています。

ヒヤリハットレポート・荷受先設備点検/改善要望書の提出推進

日常業務・荷卸先で危険と感じた作業・場所の報告を行い敏速に情報を共有
し事故防止に努めています。

バックカメラの全車導入

後方確認が困難な大型車に設置しバック事故の防止に努めています。

アルコールチッカーの導入

業務用アルコールチェッカーを使用し、点呼時の飲酒チェックを日々実施し ております。

ドライブレコーダーの導入

不足の事態に、音声や映像を記録してくれるドライブレコーダー。
もしもの事態にそなえ客観的判断材料として導入しております。

佐竹運送の安全活用例写真

乗務員教育

佐竹運送独自の乗務員教育カリキュラムを確立し徹底した新人教育、ベテラン乗務員のリフレッシュ教育等を 計画的に実施し日々変わる厳しい環境変化にも対応できるハイレベルな安全教育を実施しております。

佐竹運送荷降ろし模擬訓練

定期的に実施し基本作業の復習を実施しています。

外部講師による防衛運転講習

外部から講師を招き専門的分野から安全教育を実施しています。

社内安全会議風景

安全会議を定期的に実施し、事故防止に努めています。

外部講師による安全講習

外部講師による安全講習を行い安全作業の再確認を実施しています。

佐竹運送の机上教育

ビデオ・基本作業マニュアル等を使用し安全作業の再確認を実施しています。

荷主との定例安全会議風景

荷主からの情報や現場の意見交換を定期的に実施しています。

佐竹運送荷降ろしパトロール

荷卸現場にて安全作業の確認の実施をしています。

佐竹運送覆面パトロール

事前通知なしで乗務員の実際の作業をチェックします。

佐竹運送積込みパトロール

出荷現場にて安全作業の確認を実施をしています。

添乗教育

運行管理者による安全運転・防衛運転の確認を実施しています。

救命訓練

基本的な救命訓練を消防士指導のもと社内で実施。

消防訓練

消防士の指導に基づき、消防訓練を実施。

消防訓練

消防士の指導に基づき、放水訓練を実施。